クリ(ブナ科)
クリ クリ クリ クリ クリ クリ
クリ上: 花序・雄花・雌花序(3つの花の集まりで、1つの殻斗(「いが」になるもの)に包まれている)

左: 花粉を食べているキボシツツハムシ。甲虫・ハナアブやチョウ・ハナバチなどさまざまな昆虫が見られる。
クリ
果実
クリ クリ クリ クリ クリ クリ クリ クリ クリ クリ

クリモモノゴマダラノメイガの食害
トゲナシクリ
クリ
クリトゲが小突起状にしかならない個体(植裁)
三度クリ
クリ
初夏~秋にかけて、開花・結実が続く
葉・茎
クリ クリ クリ

クリ クリ クリ
新枝と、枝先の一部の拡大。成長初めの葉では托葉は緑色だが(1)が、葉の成長とともに黄変し(2)、干からびて褐色になり(3)、成長しきる前に脱落して脱落痕だけが残る(4)。
目次に戻る
ホームに戻る