ツユクサ属・イボクサ(ツユクサ科)
マルバツユクサ
マルバツユクサ マルバツユクサ
マルバツユクサ
下は両性花、上は雄花。

マルバツユクサ
両性花

マルバツユクサ
雄花

マルバツユクサ マルバツユクサ
マルバツユクサ日陰の葉と日向の葉(夏の晴天時)。葉身は楕円形で、縁は波打つ。

マルバツユクサ根際から地中に茎が伸び、先端に閉鎖花をつける。
カロライナツユクサ

下のページを参考にしました。また、ページを作成した中村さまに御教示いただきました。

カロライナツユクサカロライナツユクサカロライナツユクサカロライナツユクサカロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ
イボクサ(イボクサ属)
イボクサ
水田わきで横に広がって生えていた。

イボクサ
ツユクサ属・ムラサキツユクサ属と違い、花序が苞葉に覆われることはない。

イボクサ
6本の雄しべのうち3本は花粉を出さない仮雄しべ(ツユクサ属とよく似た特徴)。雄しべの付け根近くには細胞1列の毛が密生している(ムラサキツユクサ属と共通の特徴)。
テキスト目次に戻る
ホームに戻る