タイリンアオイなど(ウマノスズクサ科)
タイリンアオイ(カンアオイ属)
タイリンアオイ
長い柄のある大きな葉が数枚広がり、その陰で地面に接するように花が咲く。
タイリンアオイ
葉の上面は独特のくすんだ深緑色で、斑が入る。
タイリンアオイ タイリンアオイ タイリンアオイ タイリンアオイ タイリンアオイ タイリンアオイ タイリンアオイ タイリンアオイ
ミヤコアオイ(カンアオイ属)
ミヤコアオイ ミヤコアオイ ミヤコアオイ
フタバアオイ(フタバアオイ属)
フタバアオイ フタバアオイ
フタバアオイ フタバアオイ
花糸が曲がり、葯を花の底に向けている。花粉はまだ出ていない。

フタバアオイ花糸がまっすぐになり、花粉を出している葯が柱頭に接触する。

Tanaka N, Yahara T. 1988. Self-pollination of Asarum caulescens Maxim. (Aristolochiaceae) in Japan. Plant species biology 2: 133-136 (link)
フタバアオイ フタバアオイ
ウスバサイシン(ウスバサイシン属)
ウスバサイシンウスバサイシン
テキスト目次に戻る
ホームに戻る