マツ科
裸子植物の胞子葉の集まりは"cone"といい、ここでは「錐」と直訳している。錐には雌雄があるので、小胞子葉が集まった錐を花粉錐[pollen cone]/雄錐[male cone]/小胞子錐と呼び、大胞子葉が集まった錐を種子錐[seed cone]/雌錐[female cone]/大胞子錐と呼ぶ。
"cone"を「球果」と訳す方が一般的で、また、送受粉時の"cone"だけ「球花」と区別することもある。さらに、花粉錐を「雄花」、種子錐を「雌花」と呼ぶこともある。
モミ
モミ・ツガ林
尾根上のモミ・ツガ林

モミ モミ モミ モミ

モミ モミ
コケのマットや倒木の上で幼植物が発芽・生育する。幼樹のときは、葉の先が二叉の鋭いトゲになっている。

モミ
オオシラビソ
オオシラビソ オオシラビソ
ツガ
ツガ ツガ
ツガ根こそぎ倒れた木
ハリモミ
ハリモミ ハリモミ ハリモミ ハリモミ ハリモミ ハリモミ ハリモミ ハリモミ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る