球果類
裸子植物の胞子葉の集まりは"cone"といい、ここでは「錐」と直訳している。錐には雌雄があるので、小胞子葉が集まった錐を花粉錐[pollen cone]/雄錐[male cone]/小胞子錐と呼び、大胞子葉が集まった錐を種子錐[seed cone]/雌錐[female cone]/大胞子錐と呼ぶ。
"cone"を「球果」と訳す方が一般的で、また、送受粉時の"cone"だけ「球花」と区別することもある。さらに、花粉錐を「雄花」、種子錐を「雌花」と呼ぶこともある。
イヌガヤ
イヌガヤ イヌガヤ
ハイイヌガヤ
ハイイヌガヤ ハイイヌガヤ
カヤ
カヤ カヤ カヤ カヤ
イチイ
イチイ イチイ
イチイ種子は、付け根の組織が広がってできた赤くて甘い種衣に包まれる。
コウヤマキ
コウヤマキ
(福岡市植物園)
ナギ
ナギ
ナギナギは、イヌマキと胚珠の部分はよく似ているが、複数の大胞子葉が枝先につくことがある。
ナギ ナギ
花粉錐

ナギ樹幹
ウォレミマツ
ウォレミマツ ウォレミマツ
(福岡市植物園)
カウリマツ
カウリマツ
(福岡市植物園)
ナンヨウスギの1種
ナンヨウスギの1種 ナンヨウスギの1種
マオウ
マオウ マオウ
ウェルウィッチア
ウェルウィッチア(福岡市植物園)
グネツム
グネツム熱帯産のつるになる木で、葉(左)だけだと被子植物そっくり。右側は、細長い花粉錐がついた枝。


テキスト目次に戻る
ホームに戻る