クスノキ(クスノキ科)
クスノキ
長崎市・浦上山王社の大クス

クスノキ

クスノキ クスノキ クスノキ クスノキ クスノキ クスノキ
クスノキ
葯(SEM画像)
果実
クスノキ クスノキ クスノキ
花が終わると、花托が子房を(上の方を残して)包み込む

クスノキ
成長とともに、子房は花托からはみでる

クスノキ クスノキ
クスノキ クスノキ
クスノキ春先、1年を経た葉が脱落すると同時に新芽が展開する

クスノキ
春以降に展開した葉は脱落が遅れる。この写真では、展開中の新芽(明色)・春以降に展開した葉(緑)・脱落間近の葉(赤)が共存している

クスノキ クスノキ クスノキ
樹皮
クスノキ クスノキ
クスノキ クスノキ クスノキ クスノキ クスノキ クスノキ
巨樹

暖地の里山のあちこちにクスノキの巨樹がある。写真は宗像市横山の大クス

クスノキクスノキクスノキ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る