モクレン科
コブシ
コブシ コブシ

コブシ コブシ

展開初期の花芽。蕾は苞葉+托葉が縁でつながってできた「袋」×3に覆われる。「袋」のうち内側の2つには葉身と腋芽がある。

コブシ コブシ

開花の過程。托葉の縁が分離し、つぼみがふくらんで、葉身が展開する。

コブシ

つぼみが膨らむ頃には葉身は展開を終えている。「袋」や苞葉は、花が開いた後、取れてしまうことも、残っていることもある。

八田洋章さまから御指摘・御教示を受け、上の部分の記述を書き改めました(2019/03)。
コブシ コブシ コブシ

花被片は9枚(3枚×三重)。内側の6枚は花びらで、白くて大きい。外側の3枚は萼片で、緑を帯びた半透明で小さく目立たない。

コブシ コブシ

雄しべと雌しべ。雄しべはへら形で、両側の隙間から花粉を出す。雌しべは柱状に集まる。

コブシ

花粉粒(乾燥状態・SEM像)

コブシ

雌性先熟の両性花で、先に雌しべが柱頭を突き出す(左)。そのあと、雌しべの柱頭は中心にへばりつくようになり、代わりに雄しべが突き出して花粉を出す(下)。

コブシ

コブシ
コブシ コブシ果実。心皮の外側が縦に裂けて種子がのぞく。

コブシ

種皮の最外層はやわらかくて朱色。軽く引くと、「糸」が伸びてくる。

コブシ コブシ
タムシバ
タムシバ タムシバ タムシバ タムシバ
シデコブシ
シデコブシ シデコブシ シデコブシ シデコブシ シデコブシ
タイサンボク
タイサンボク タイサンボク タイサンボク タイサンボク タイサンボク
ハクモクレン
ハクモクレン中国原産で、庭木として植えられる
ハクモクレンコブシと同じように、つぼみのときは、毛の生えた2枚の苞葉に包まれていて、花が咲くときに、苞葉はぽろりと取れる。ただ、コブシと違って萼片と花びらは区別できず、白いぽってりとした花被片が9枚(3枚×三重)についている。
ハクモクレン
ハクモクレン花托の頂端部に雌しべ、雌しべの下に雄しべが螺旋状につく。雄しべは縁からクリーム色の花粉を出す。雌しべの先端は細長く伸びたピンク色の花柱となる。
ハクモクレン ハクモクレン
雄しべ(1)と雌しべ(3)の移行部には、雄しべと雌しべ両方の特徴をもつ器官(2)がつくことがある。中間的な器官は、縁から花粉を出すとともに先端は花柱となっている。

ハクモクレン ハクモクレン ハクモクレン
シモクレン
シモクレン シモクレン
ホオノキ
ホオノキ ホオノキ ホオノキ ホオノキ ホオノキ
Magnolia sinensis
Magnolia sinensis Magnolia sinensis
オガタマノキ
オガタマノキ オガタマノキ オガタマノキ オガタマノキ オガタマノキ オガタマノキ オガタマノキ
カラタネオガタマ
カラタネオガタマ カラタネオガタマ カラタネオガタマ カラタネオガタマ カラタネオガタマ
ユリノキ
ユリノキ ユリノキ ユリノキ ユリノキ ユリノキ ユリノキ ユリノキ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る